カテゴリー
ブログ

レンガの家の耐震性

驚きの耐久性を持つ焼成レンガは赤土を素焼きにした土の産物です。

昔々のメソポタミアの時代から、レンガは砂漠の灼熱や極寒の冷気から、人々やその暮らしを守ってきました。

レンガの耐震性ですが、実は東京大学地震研究所での実験により証明されています。

地震大国の日本ですが、これまでの地震で崩れてしまったレンガの家からの連想で、レンガ=地震に弱いというイメージがあったのではないかと思います。

そういったイメージの払拭にもつながりますが、現在はレンガの中に鉄筋をいれる構造になっており、耐久性も上がっています。

苔もあまり生えず、一部が少し剥げおちてもそれが持ち味につながるので、メンテナンスの必要はありません。

実際に、レンガ造りの家の多い外国では外壁のメンテナンスはほとんど行わないということです。

レンガは古ければ古いほど味が出て価値がでてきます(余談ですが、外国では何百年も前の住宅がびっくりするほど高く貸し出されていたりもするんです!)。

レンガのもつたくさんの魅力。ぜひ実際に味わってみてください!

カテゴリー
ブログ

煉瓦と外壁塗装

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

煉瓦と外壁塗装

外壁塗装をしなくてもいい素材とは、どんな素材でしょうか?

外壁塗装をしなくても良い素材とは、言い換えると高い耐久性が保てる素材のことを指します。

実はレンガは塗装が必要ありません。

なぜでしょうか?

その理由は、レンガ自身のもつ特性にあります。

レンガは、土などの材料を窯の中で高温で焼いて固めたもので、耐久性を備えています。

また、昔ながらの伝統的な建物に多く取り入れられており、現在もその姿を残している建物も多くあります。
(例:東京駅、赤レンガ倉庫など)

レンガのもつ特性は、どんなものがあるのでしょうか。

まず、レンガは非常に硬いため、物でこすったり、風などで巻き上げられた砂や飛来物などが吹き付けられても、滅多にキズがつきません。

またレンガは紫外線や、雨風から来る飛来物の傷に強く、カビが生えにくい特性をもっています。

そのため、汚れや色斑が起きにくい建材です。
また、
高温で焼き上げて作られているため、火には強く、
もしも火事が起こっても燃え広がりません。

北欧でレンガ造りの家が広まったのも、大規模な火事があったためだと言われています。

レンガの家が多い北欧で、メンテナンスをする家は珍しいというのも、それのもつ特性から考えると理解できますね。

レンガの特徴を理解していくことで、家を建てる際の参考にもなります。

次回も引き続き、レンガの持つ特徴をご紹介します!

 

カテゴリー
ブログ

煉瓦の家は、こうやって作ろう!

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

煉瓦の家は、こうやって作ろう!

愛らしさのある外観が特徴的なのが、煉瓦の家です。

レンガ造りの外壁は、耐久性や強固さに優れ、外壁塗装の塗り直しが必要ない点がメリットです。

また、外壁はタイル貼りのような剥離の懸念も必要ありません。

レンガは全面に施さず、ポイントで使ってもアクセントとして家を華やかにしてくれます。

ポイントでレンガを使うだけでも、レンガ特有のどっしりとした重厚感と高級感は家をワンランク上質にしてくれます。

カテゴリー
ブログ

煉瓦の家の魅力

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

煉瓦の家について煉瓦の家には、以下のような素晴らしい特徴があります。

まずは、ランニングコストの面です。
一般的な住宅の場合、10年に1回程度、100万円ほどの外壁の張り替えなどのメンテナンスが必要となってきますが、レンガの家はメンテナンスが必要ありません。

それから、快適な暮らしを実現することができます。
レンガの素材は、蓄熱性能があるので、夏はひんやりと、冬はあたたかい室内を保ち、外気温に左右されず室内を一定の温度に保ってくれます。
また、日本は湿気の多い風土ですが、それに適した通気性の良いレンガの家が建てられています。

レンガの壁の分厚さで、音がさえぎられるので外からの騒音から解放されます。また遮音性能がよいため、バイオリンやピアノなど室内楽器を演奏する際にも、外に音が漏れるのを遮ってくれます。都心、道路に面した立地などにもおススメです。

素晴らしい特徴はまだあります!
実は木造住宅よりも外壁煉瓦造りは地震に強いと言われています。
現在のレンガ積みの家の工法は、鉄筋コンクリートのようにレンガの内部に鉄筋やステンレス筋を通すことが一般化しており、耐震性が格段に向上しました。
また、住宅の構造を2×4工法で組んだり、外壁としてレンガ積み工法を採用することで、その相乗効果により、災害に強い家となることが公的機関の実験で実証されました。

また、環境にやさしいという点も利点に挙げられるでしょう。
粘土資源が豊富なオーストラリアで作られたレンガを使用し、使わなくなった際には土に戻すことができます。

以上のことから、自然災害が多い日本において、レンガ積みの家はこれからの家づくりの選択肢の1つではないかといえます。

カテゴリー
ブログ

魅力がいっぱいのレンガの家で暮らそう

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

レンガの家にはたくさんの魅力があります。

まず、デザインの魅力。唯一無二の個性を持つレンガの家では、経年変化すら楽しみながら暮らせます。庭づくりを楽しんだり、楽器を演奏したり、憧れのレンガの家だからこそ、趣味の時間もよりいっそう彩り豊かなものになるでしょう。

続いて、優れた性能。火事や地震に強く、夏は涼しく冬は暖かいレンガの家。耐久性に優れ、メンテナンスフリーなのもうれしいところ。湿気に強く、結露ができにくく、家族の健康を守れるのもレンガの家に住むメリットです。

レンガの家に住んで、やりたいことはありますか?

「お庭でティータイムを楽しみたい」
「友人を呼んでホームパーティをしたい」
「子どもたちとお菓子作りをしたい」
「ピアノの演奏を楽しみたい」
「素敵なお庭をつくりたい」

そんな夢があるなら、レンガの家を検討してみてください。

憧れの家に住むことは一生の財産になります。たくさんの魅力が詰まったレンガの家で、理想の暮らしを実現しましょう。

カテゴリー
ブログ

創造性をかき立てる、レンガの家という芸術

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

レンガの家には、はやりすたりをすべて包み込む圧倒的な個性があります。ただオシャレなだけでなく、そのたたずまいには気品と風格が存在します。 レンガの焼き色ひとつをとっても、微妙に表情が異なり、一つとして同じものはありません。そんなレンガで建てられた家は、趣深く、芸術品のひとつといっても過言ではないでしょう。 何種類かのレンガを使うことで、オリジナリティあふれる外観にできます。また、外壁だけでなく内装にもレンガを取り入れることで、家の中にいてもレンガのもつ味わいを感じられます。 レンガの家の創造性は無限大で、積み方を工夫するとまた違った雰囲気を演出できます。天然素材だからこその表現の幅があり、年月を重ねるほどに重厚感が増します。レンガの家に住んでいると、歳月が過ぎるのが楽しみになることでしょう。 昔から愛されてきた、時代に左右されないレンガの家。アイデア次第で、日本の伝統の「和」と共存することも、西欧風のモダンな仕上がりにすることも可能。レンガだからこその可能性を追求し、世界にひとつだけのレンガの家を建てしょう。
カテゴリー
ブログ

かしこくレンガの家を建てよう!補助金の話

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

マイホームは、一生に一度の大きな買い物。少しでもお得に建てたいですよね。今回は、レンガの家を建てたい人に向けて、活用できる補助金を紹介します。 <すまい給付金:最大50万円> 消費税増税にあわせて作られた給付金制度です。2021年12月末までに引渡しが行われた住宅が対象です。給付額は適用された消費税率と年収によって変わり、最大50万円の給付を受けられます。 <ZEH補助金:最大60万円> 経済産業省と環境省が実施するZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス/ゼッチ)への支援事業です。ZEHとは、再生可能エネルギーを導入することで、一次エネルギーの消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅のことです。レンガの家でもZEHにすることは可能です。 <地域型住宅グリーン化事業:最大140万円> 長期優良住宅や低炭素住宅など省エネ性能等に優れた木造住宅を新築する場合に受け取れる補助金です。上限は長寿命型・高度省エネ型で110万円、ゼロ・エネルギー住宅型で140万円です。 <自治体独自の補助金> 地方自治体によっては、独自の補助金制度を実施していることがあります。家を建てる予定の地域で、どのような自治体の支援があるのか、チェックしてみましょう。
カテゴリー
ブログ

自然に優しいレンガの家でエコな暮らし

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

レンガの家は、環境に優しい家でもあります。

レンガは、土を焼いて作った自然素材。家を壊す時も、砕けば土に還ります。一般的な外壁材とは異なり、自然環境にやさしいエコな素材といえるでしょう。

また、レンガ本来のもつきれいな焼き色があるので、塗料でコーティングする必要がありません。塗料の多くは匂いが強く、大量に吸い込めば、人体に悪影響があるともいわれています。レンガの家は、住む人にも施工する人にも優しい家なのです。

さらに、レンガの家は断熱効果が高く、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴です。そのため、暖房や冷房の使用頻度を落としても、快適に過ごせます。冷暖房の使用頻度を落とすことで、CO2排出量を削減できるでしょう。

人にも自然環境にも優しいレンガの家。エコな暮らしをしたい人は、レンガの家を検討してみるといいかもしれません。

カテゴリー
ブログ

レンガの家の暮らしエピソード3選

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

今回は、レンガの家に実際に住んでいる人のエピソードを紹介します。レンガの家で暮らす生活をイメージしてみてください。

「イギリスに留学した時に、ホームステイ先のレンガの家がすっかり気に入ってしまい、マイホームはレンガの家にしようと決めていました。夢が叶い、最高に幸せです。レンガの家とグリーンは相性がいいので、お庭づくりを楽しんでいます。この間は子どもたちと一緒に花壇をつくりました」

ヨーロッパの街並みを彷彿とさせるレンガの家。憧れの家で大切な家族と暮らす喜びは何にも代えがたいでしょう。

「もともとインテリアが好きなので、北欧小物をレンガの家に合わせて飾るのが楽しいです。レンガの家に住み始めてから、DIYにも目覚めました。家の雰囲気に合う、納得できる家具を自分で作りたくて。おかげで休日にはすっかりDIY三昧です」

住み始めてからも楽しいのがレンガの家です。インテリア小物を置いたり、DIYをしたり、自分好みに家を変えていきましょう。

「レンガの家の風合いが好きで、小さい頃から憧れていました。今、小学生の娘と一緒に、ピアノで連弾を楽しんでいます。レンガの家は防音性に優れているので、周りに気を遣わず練習できるのがうれしいです。憧れの家で自分の望む穏やかな暮らしができていることに、ふとした瞬間に幸せが込み上げます」

デザインだけでなく、性能面でも優れているレンガの家。今回は、レンガの家で暮らす素敵なエピソードをご紹介しました。

カテゴリー
ブログ

レンガの家が私たちの健康に及ぼす影響って?

福岡県を中心に煉瓦造りの家にこだわる工務店をご紹介。煉瓦の家を建てるなら煉瓦の家.com

マイホームは長く住むからこそ、家族の健康を守ってくれる家が理想ですよね。レンガの家は、家族の健康にもいい影響を及ぼすことがわかっています。

レンガの家は、湿気に強いという特徴があります。レンガは陶磁器のように高温で焼き上げられます。そのため、水分吸収率が低く、外の湿気を遮断してくれます。

湿気に弱い住宅だと、窓によく結露が見られます。結露はカビやダニを繫殖させ、アレルギーやアトピーの原因になってしまうことも。知らぬ間にアレルゲンを吸い込んでしまうのは怖いですよね。

一方レンガの家なら、梅雨の時期などに悪天候が続いても、外の湿気が室内に入り込みません。そのため、カビやダニの発生が抑えられ、アレルギーの原因となるアレルゲンを減らしてくれます。

湿気に強いというレンガの性質は、実は湿度の高い日本にピッタリ。外観の素敵さもさることながら、性能や快適さの面でも、レンガの家を検討してみましょう。